FC2ブログ

英国音源公式録音全213曲制覇計画 -Part 3

IMG_2219.jpg

ステレオ音源で213曲を制覇しようと色々と策を練っていたのだが、思いの外難しいことが判明し挫折しかけています。
とりあえず前回はザザザっと箇条書きにしただけなので、後で見返しても「結局どれを買えばいいの?」と自分でもいまいちピンとこなかったので、表にまとめてみました。
また、今まであれこれ書いてきましたが、間違いも多々あったので訂正しています。

ブラウザから直接見ると小さくて見づらいかもしれないので、画像をDLして画像ビュワかなんかで拡大して見てもらえると見やすいかと思われます。


表1
表2

"I am the Walrus"の分類が結構トリッキーなので、『レコード・コレクターズ増刊 ザ・ビートルズ コンプリート・ワークス②65-67』の161頁、森山直明氏の記事を参照していただきたい。

要は
※1はイントロ6回目の右チャンネルの入り以外は旧盤マジカルCDとほぼ同じもの
※2はUS LPでイントロ4回、2回目"I'm Crying"の左chドラム、タンバリン、カットで中央にベース、ドラムあり
※3はイントロ6回目の右chフェードイン、2回目"I'm Crying"は※2と同じもの
※4はイントロ6回、2回目"I'm Crying"ベース中央、ドラム中央と左、タンバリン右、"Yellow Matter Custard"の前に1小節多い全部乗せバージョンのこと

ちなみに現行'09リマスタのマジカルがどうなっているのかは未確認。
また、●が付いているのが現行のCDと同じものという意味。別ミックスを全て網羅したものではなく(多少横道にそれて載せたものもあるが)、あくまで現行ステレオBOXをオリジナル12タイトル+αで揃えるには?ということを目標にしたものです。




こう見ると『Magical Mystery Tour』はWalrusのミックス違いがネックだけど、Inner Lightのために『EP Box』は絶対に入手しなければならないのでUS盤、西ドイツは必須。それでStrawberry Fieldsも揃う。※1と'87Magicalはそんなに違うんだろうか⁇

"Thank You Girl"はUS 『The Beatles' Second Album』にしか入っていないので必須

"I Want To Hold Your Hand(RS1)/This Boy"は是非ともオーストラリア盤'76年リシュー・シングル(A-8103)は入手したいところ。また西ドイツの'65年『The Beatles' Greatest』もRS2のために入手したい。

Komm Gib Mir Dine Hand/Sie Liebt Dichも'64年の西ドイツのシングルは必須

『EP Box』でカウント入り"She's a Woman"を入手したなら、『from Liverpool』も何かと便利なので必須

"Yes It Is"もOnly The Beatles…よりはオランダ盤の『Ticket To Ride』'76年リシューの方が音が良いに違いない。

US Stereo『Yesterday and Today』も何かと必要。できればブッチャー・カバーで…

"Get Back/Don't Let Me Down"は是非ともUSシングルで、でも"A Day In The Life"のフェード・イン・ヴァージョンのためにも青盤が必要ならそちらでも

…とこんな感じになった。前回の「どうして"From Me To You"がキャピトル編集盤にはいっていないのか?」とか「どうしてEP Boxの"This Boy"はリアル・ステレオじゃないの?」「本国の'76年リシュー"Yes It Is"はどうしてモノなの?」など、『Past Masters』収録曲は調べればもっと色々面白いことがわかりそうだけど、デアゴの『White Album』にシフトしなければ、また時間に追われるので、とりあえずは制覇計画については一旦棚上げ。開封して傷チェックしなければ…。JDさん、情報提供ありがとうございました。またよろしくお願いします(笑)

では…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

LOGICKEY

Author:LOGICKEY
函館市在住
1972年生まれ
好きなArtists:
The Beatles
Paul McCartney
etc…

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR