スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Can't Buy Me Loveをカバーしてみた

先日SGT. Pepperをカバーしていたが、今日はなんの脈絡もなくCan't Buy Me Loveをカバーしてみた。

41384_subitem_full.gif

脈絡もなく…と書いたが、実は脈絡はちゃんとある。

何の気なしにデジマートを見ていたら、ずっと探し求めていたHofner 500/1 20/40を発見。
しかもシリアル10番台、状態もすこぶる良いとのこと。お値段は228,000円と少々高めだが、マニア垂涎のモデルなので致し方ないだろう。

実は私Hofner 500/1 20/40を過去に持っていたが、シリアル190番台で中古で購入したためかなりボロボロの状態で、リペアに相当金と時間を費やし、音には満足していたものの、ついにはオークションで手放してしまった経緯がある。

その後、Hofner 500/1 Vitage62 World History Premiumの新品を買い直し今に至るが、WHPはヘッドの形状、ジャック穴位置や、テールピースの形状など、細かな仕様こそ20/40よりもポール所有のものに近いと感じるが、ネックが太く、ボリュートは違和感があるほど大きく、ラッカーも厚い感じがする。ヴィンテージ仕様とのことでピックアップの出力が下げられている。

そのせいか、弾き心地も私が過去に所有した数本のHofnerとは異なるもので、ネックが太いので違和感があり弾きづらく、ボディーの鳴りが悪く、特に4弦のサスティーンが不足しているような気がする。(私所有の個体は購入当初ビビり防止なのか?ピックアップの下にスポンジが入っており、ボディーの鳴りを妨げていると感じたため除去してしまった)

そのため、WHPには納得がいかず、中古の20/40を探していたが、なかなかコンディションの良いものに巡り会うことができなかった。

そこで、デジマで20/40を発見してしまったため購入しようか迷っているのだが、金欠の折、気持ちをグッとこらえるため、本当にWHPはダメな子なのか、テストも兼ねてWHPを使用して初期の曲をやってみたくなった。

WHPだろうが20/40だろうがHofnerを所有していることには変わりはないし、ボディー鳴りだなんていっても、結局はピックアップを通すんだから関係ない。見た目は20/40であろうが、WHPであろうがどちらも一長一短だと感じるし、どちらもドンズバとは言い難い。究極を言ってしまえば、私はポール本人のHofnerが欲しいのである。



ということで、前置きが長くなりましたが、Can't Buy Me Loveをやってみました。



スクリーンショット 2017-08-05


とりあえず説明を…

Track 1に元歌の右チャンネル(ほぼポールのボーカルのみ)を
Track 2にHofner WHP、そのままだと現代的な音質になるのでChanel EQで重低音をカット
Track 3にGibson J-160Eをマイク録り
Track 4にGretsch Country GentlemanをRickenbacker 12弦風に。EnsembleというエフェクトのDoublerというのを偶然見つけてかけてみたら12弦っぽい雰囲気がでたのでEQかけてなんとなく。
Track 5はTrack 4だけだとトーン的にやはりRickenbackerっぽさが出なかったのでRickenbacker 325 C64で補強
Track 6はレコードでも真ん中からうっすら聞こえる消し忘れぽいギターの音をGretsch Country Gentlemanで
Track 7にはKontaktのAbbey Road 60s Drummer Early Kit、ステレオ版ではハイハットはあまり目立たないんですが、今回はノーマン・スミスが追加で録音したというモノラルバージョン風にハイハットを目立たせてみました。

どうでしょうか?WHPだと違和感ありますか?音をいじってしまえば20/40だろうがWHPだろうがそう大差ないんじゃないか?…と思いますが…。

ちなみに、ポールの声を大きめでミックスしていつものようにSoundCloudにアップしようとしたところ、「これはビートルズのキャント・バイ・ミー・ラヴでアップルが権利持ってるから勝手にアップしちゃダメよ!」とエラーが出てアップできませんでした。SoundCloudの著作権違反検出システムのアルゴリズム的にはビートルズの演奏も私のヘボ演奏もポールの声さえ入ってしまえば見分けがつかなかったってことで、ボーカル小さめでアップしました。嬉しい誤算でしたw

演奏してみた感想ですが、ジョージのソロを真似するのは思っていたより難しかった。100回以上弾きましたw
あと、12弦ギター風にするエフェクターはこれが正解なんでしょうか?もっとクォリティーの高いのがありそう…いつか本物が欲しい
あと、アンプはVoxのアンプシュミレーター使っておけばいいだろう、と思っていたがイマイチ雰囲気が出ない、というか多重録音しているからか、バンドとして一発録音している雰囲気が出ず、各楽器が独立している感じがするので、Abbey Road Studioの空気感というか、音をなじませる(リバーブの使い方とか?)方法を知りたいので、どなたかアドバイスお持ちの方はコメントの方へどしどし書き込んでいただけると非常に嬉しいです。
そこらへんが他力本願寺ってわけです。

では
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

LOGICKEY

Author:LOGICKEY
函館市在住
1972年生まれ
好きなArtists:
The Beatles
Paul McCartney
etc…

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。