FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デアゴスティーニ 「Abbey Road」到着

先日お伝えした『各週刊 ザ・ビートルズ・LPレコード・コレクション』が本日到着した。

IMG_1973.jpg

海外版とはパッケージが違うようだ。薄っぺらい(中身も…ほとんどが広告)付属本の後ろにダンボールと共にシュリンクラップされたレコードとポスター(というか広告)が入っている。
IMG_1974.jpg
ファースト・インプレッションは「安っぽいなぁ…」といった感じだったが、こんなもんだろう。
IMG_1975.jpg
フロントの色味は2012よりはオリジナルに近いと感じた。リンゴの足元の四角もかろうじて見える。
IMG_1978.jpg
バックはこんな感じ。右下にホログラムのシールがある。クレジットは2012のEMIと違い"calderstone Productions Limited (a division of Universal Music Group)"の表示と"Licenced by Universal Music group to De Agostini Publishing S.p.A."の表示がある。
IMG_1982.jpg
A面のレーベル、ランアウトには手書きでMPO ○(判別不能)f、 ABBEY ROAD、A3の表示
IMG_1983.jpg
B面にはMPO-○(判別不能)、ABBEY ROAD、B2の表記があった。2012同様ビニールの付いた黒いインナースリーブに入っている。

盤質は、シュリンクのせいか反りがひどい。引っ掻き傷のようなものも散見され、あまり盤質はよくないようだ。
心なしかノイズも目立つような気がする。

肝心の音だが、先日聴いた2012のような変なイコライジング処理はされていないようだ。
録音中に波形を見比べていたときは、2012の方がややボリュームが大きいかな?と感じたが、波形を比較するとそうでもないようだ。
しかしいざ取り込んでから交互に聴き比べると、やはり2012に施されたイコライザー処理のせいか2012の方がおとなし目に感じる。

高音についてはデアゴの方がスッキリ出ていて見晴らしもいいが、2012はやはりこもった感じで、OH! DARLING後半あたりから気になりはじめ、エンディングのハーモニクスや、OCTOPUS'S GARDENではイントロのギターは艶が無いように感じる。歌い出しのリンゴのボーカルのバックにもデアゴはヒスノイズのような高音成分がしっかり聞こえるが、2012ではやはりドルビーをかけたように聞こえる。(盤質のせいもあるのかもしれないが…)
スクリーンショット 2017-08-29-1
こうやって波形で比較すると、ボリュームにはほとんど違いが無いように見える。
タイミングもほとんど一緒だったが、1曲目アタマでタイミングを合わせてもMAXWELL'Sのギター間奏あたりから微妙にタイミングが合わなくなってくる。プレーヤの回転性能の可能性もあるが…。

さて、疑惑のI WANT YOU(she's so heavy)で周波数を比較すると…
スクリーンショット 2017-08-29-2
やはり2012は8kHz以上の音が無いのに対し、デアゴはしっかり波形を確認できる。やはり2012高域がマスキングされているのかもしれない。

対してデアゴ盤はやはり片面を通して違和感なく自然に聴くことができるので、2012年盤に不満がある人は試しに購入しても損は無いかもしれない。B面も同じような結果になった。

今回のデアゴ盤、値段も値段なので価値などは考えないで、私としてはオリジナルのレプリカとしてシュリンクなんかもひっぱがして、YouTubeでレヴューしている外人のようにカジュアル(乱暴)に扱ってやろうかと思っている。
とはいえ、とりあえずまだ今の所シュリンクは外していないが(笑)来たるべき時が来たらやってやろうかと思っている。リングウェアなんかも望むところだ!

ただ、このシリーズも2009のデジタルマスターが元になっていることを考えると、どんなに頑張ったところでマスターテープに迫る音は鳴らないわけで、純粋にサウンドを追求するのであれば、やはりジェネレーションの若いアナログマスターから作られたレコードを聴くか、素直にリンゴUSBで聴いたほうが余計なノイズも無いし、いいのではないか?と思うのだが、それを言っちゃうと2012も同じこと。(本当はAnalog Mono Boxのようにアナログマスターから作って欲しかったが…)

このシリーズは隔週で送られてくるビートルズのレコードを気軽にジャケットでも眺めながら、(USB音源にノイズを加えて)アナログの雰囲気を楽しめるって感じで、全く価値がないわけでもない、と思うのだがどうだろうか?

「学研の科学」とか憧れてたし(笑)比較音源は後日アップします。

では…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

LOGICKEY

Author:LOGICKEY
函館市在住
1972年生まれ
好きなArtists:
The Beatles
Paul McCartney
etc…

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。